QA

検索文字
一人でも参加できるのか? はい。お気軽にお問い合わせください。
直接電話でなくとも、メールお問い合わせも受け付けております。
お問合せメニューよりお問合せください。
オープンウォーターライセンス取得には何日かかりますか? 基本週末日帰り日程となっております。
学科講習に1日。限定水域に1日。海洋講習に2日。
あとは要相談です。

■OWのスケジュール標準スケジュール

①説明
 学科説明(宿題)
 ダイビングの危険性説明
 身体の確認
 
②学科講習講習(所要時間5~8時間)
 10:30~18:30

③限定水域講習
 06:30経堂駅前or用賀駅前出発
 10:00限定水域講習 1・2
13:30限定水域講習 3・4・5

④海洋実習
 06:30経堂駅前or用賀駅前出発
 09:30海洋実習1
 12:00海洋実習2

⑤海洋実習
 06:30経堂駅前or用賀駅前出発
 09:30海洋実習4
 12:00海洋実習5
オープンウォーターライセンス取得価格総額はいくらですか? ■価格
・30,000円コース料金
・5,800円/日 レンタル料別(4名以上グループは無料、他割引あり)
 (ご自身でご用意頂いてもOK)
・マニュアル・申請・トレーニングブック 13,600円
 (ご自身でご用意頂いてもOK)
学課講習では何をするのですか? ダイビングは体感して、スキルアップするものですが、
通常ではありえない世界(水中)で遊びます。だからそこ非日常の世界を味わえるわけですが・・・。
水中は知らないうちに体に負担がかかります。水中での圧力。タンク内の窒素に対する危険性。水中生物への接し方。器材の使い方などダイビングに必要な知識を理解して頂きます。
限定水域では何をするのですか? 学科講習で頭に詰め込んだ知識を水の中で実践していくために、先ずは浅場で慣れて頂きます。
最初は足が届く場所、慣れてきたら少しずつ5m以内の範囲でダイビングのスキルを習得して頂きます。
向かない!と思った場合ここでライセンス取得をあきらめて頂いても大丈夫です。
器材は買わないとだめですか? 買う必要があるかないか・・・どっち?
必要はないです。
が、買った方がいいですよ。
一般的には軽器材3点セットとウエットスーツをよく耳にしますが、私的には「レギュレーター」と「マスク」がいいかな。ほかはレンタルで十分じゃないでしょうか。
以下の方はドライスーツをお持ちになることをおススメします。
・9月後半~翌年5月後半をメインで潜られる方。
ダイビングコンピュータは必要ですか? レンタルもご用意しております。


・「計画ダイビング」という言葉があります。
 無理をしないダイビングを計画して、基本その通りに実行すべきです。
  ※深度だけでなく、海況・メンバー全員の体調・帰りの飛行機なども計画の中に加えてくださいね。
 計画を著しく逸脱するダイビングは中止すべきです。
 突発的な計画変更を行わなければならない時に、対応できないならダイビングは中止すべきです。
 無理をしないダイビング = ストレスを完全にコントロールできるダイビング。コントロールできないならインストラクターのもとでトレーニングを受けるべきです。
 計画が「主」であり、コンピュータは「従」の関係なんです。コンピュータを「主」にして、結果オーライではいけません!
 ダイビングコンピューターの登場で、計画ダイビングができない方が多いように思えます。
 残留窒素量の限界ギリギリでダイビングされている方=減圧症にかかる確率が高いと言えます。



・計画ダイビング
 計画ダイビングをできるようになってくださいね。
 テーブルの見方が分からない方遠慮なくお問い合わせください。誰であってもサポート致します。
 
 ダイビングする上で、
  「ダイビングコンピュータ」
  「ダイバーウオッチ」
  「深度計」  がある方が良いです。
 ※ダイビングコンピュータが万一水中で壊れても、「ダイバーウオッチ」・「深度計」があれば計画したダイビングを楽しめます。
器材は保管サービスはありますか? 買う必要があるかないか・・・どっち?
必要はないです。
が、買った方がいいですよ。
一般的には軽器材3点セットとウエットスーツをよく耳にしますが、私的には「レギュレーター」と「マスク」がいいかな。ほかはレンタルで十分じゃないでしょうか。
以下の方はドライスーツをお持ちになることをおススメします。
・9月後半~翌年5月後半をメインで潜られる方。
持病について ・呼吸器系の疾患がある方はダイビングをあきらめてください。